スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.05.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

明らかなデマ(2000人は救助できた説)・石原都知事発言(2007/4/8, 2007/4/27)

(石原慎太郎・東京都知事 2007年4月8日夜 3選後の会見)

 「阪神大震災では、当時の首長の判断が遅れた為、2000人が余計に死んだ」


(2007年4月27日記者会見)

【記者】それからもう1点あるんですけれども、知事が当選したときに、阪神大震災のことで、自衛隊への要請が遅れたから2000人がというようなお話…。
【知事】ちょっと数字が違ったかもしれないけど、詳しくは佐々さん(佐々淳行 初代内閣安全保障室長)に聞いてください。私、佐々さんの受け売りでね。とにかくあれはまさに、要するに崩れた家の中で人の気配がするのに、結局火が迫ってきてね、それを持ち上げる重機も何もないままに人がむざむざ死んだんですよ。ですから、自衛隊の出動がもう少し早ければね、いろんな形での救済ができたと思うしね。これは実は、当時の内閣官房にも責任がある。まあ、それ以上言わない。それは、あなた方ジャーナリストが調べなさい、そのころのことは。とにかく、要するに知事、市長の要請は遅れました。ですから、7時間、8時間、恐らく自衛隊は腕をこまねいて出動を控えていたんでね。だから、それから法改正したでしょう。つまり、該当地の県知事なり市長の要請がなくても、自衛隊の判断で出動できるということになったはずですよ。なぜかね、やっぱり自衛隊の要請を、出動要請をすることに何のてらいがあるんだろう。
http://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/KAIKEN/TEXT/2007/070427.htm

2007年に石原都知事が三選した直後に放った暴言とそれに対する自己弁護+責任放棄の部分です。
2000人という数字もデタラメなら、「7時間、8時間、恐らく自衛隊は腕をこまねいて」もデタラメ、法改正して「自衛隊の判断で出動できるということになった」というのも間違っています。
事実といえる部分を探すのが困難なくらいひどいデタラメを言っておきながら「まあ、それ以上言わない。それは、あなた方ジャーナリストが調べなさい、そのころのことは。」というのはひどいを通り越してあきれます。
実際には、自衛隊の出動準備自体、消防庁や警察に比べて手間取っており、どんなに早く知事が派遣要請をしていたとしても、せいぜい200人が1時間早く出動できた程度でした。この200人時というリソースで救助できた人数は2000人を遥かに下回っていたでしょう。
また、自衛隊が早く出動していれば多くの人間が助かったと主張するなら、要請があるまで漫然と待っていた自衛隊にも責任があることになりますが、それについてはこの手の人たちは絶対に触れません。
不思議なことです。

なお、震災当時の法律に照らしても、自衛隊は自主派遣の権限を持っていました。ただ、自衛隊はその権限を大震災という非常時においてすら行使しようとはしなかったのです。


スポンサーサイト

  • 2016.05.28 Saturday
  • -
  • 11:44
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
  • -
  • 2011/01/17 9:45 PM

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM